社会人MBA-技術者編

January 2, 2015

PayPalより「Facebook Payments, Inc.へのお支払いのご連絡」

何やらメールにPayPalより
Facebook Payments, Inc.へのお支払いのご連絡」と題した内容が・・・

身に覚えがない内容だが、メールを確認すると、3,203 TWD(台湾ドル;約12,000円相当!)の請求が4通も!
そのうちの1通がこちら(高!!)。

+  +  +  +  +  +  +  +  +
説明 単価 数量 金額
Facebook Credits
NT$3,203 TWD 1 NT$3,203 TWD
小計 NT$3,203 TWD
合計 NT$3,203 TWD
支払い NT$3,203 TWD
請求は、クレジットカードの明細書に「PP *FACEBOOKPAY」として表示されます。
支払額 \12,626 JPY
受取額 NT$3,203 TWD
外貨換算レート: 1 JPY = 0.253688 TWD
+  +  +  +  +  +  +  +  +


2014年は何度かPayPalは利用したが、そもそもFacebook自体にアカウントも持っていない!
やられたかなぁ~こりゃ。

PayPalで確認すると、以下の画面。


検索すると、結構同じような請求を受けている方が多くいて、アップしてくれています。感謝です。

どうやら、「問題解決センター」なるものがあるそうで、

PayPal バイヤープロテクション
*PayPalへログインしてもリンク有。

の中段にリンクがあり、「問題解決センター」へ。
次に、「取引に異議を提出する」をクリック。
該当する取引を選択して「続行」次の画面で複数の取引を選択することができます)。

ということで、異議を送信しました。

*カード会社へは、引き落とし前(内容が確定して)に連絡する予定です。


顛末は後日アップします。


お金が戻ってきますように(祈、涙目。。。)


+  +  +  +  +  +
後日、Paypalより、「認められたクレーム: ケース番号***」というメールが届き、不正使用のクレームが認められました!!

「クレジットカードによるお支払いは、直接お客さまのクレジットカードに返金いたします。お客さまのPayPalアカウントの最近の取引には、PayPalアカウントへの返金と、クレジットカードへの返金の、2件の記録が表示されます。クレジットカードへの返金には通常 2-3営業日かかります」

とのことで、処理していただきました。
(Paypalへログインして、取引のステータスを確認すると「返金済み」になっていました。)

*カード会社へ連絡する前に処理していただきましたので、カード会社へは連絡していません。


ふぅ~助かったぁ。。。






0 Comments:

Post a Comment

<< Home