社会人MBA-技術者編

August 14, 2015

オープンCAEによる有限要素解析を試みる(圧延編) モデリング

圧延の近似解析(平面ひずみ近似)を行うにせよ、三次元シミュレーションを行うにせよ、まずはモデリングをしなくてはならない。

ここで、解析の流れを確認。

【解析の流れ】
・2Dでのロール、被圧延材のモデリング←いまはここ
・3Dでのモデリング
・メッシュ
・解析

【最終のモデル】
・最終のモデルは、図のように孔型ロールにより被圧延材が加工さされるモデルである。

ロール圧延のモデリング


・上図のモデリングのままシミュレーションを行い、被圧延材のひずみ分布を把握することを目的としているが、ほぼ、近似的にした感じで行えそうなので、近似で進めていく(下図)。

一般化平面ひずみモデリング(!?と思う。。。)

ここまでのモデリングの流れは、jww-cadによる2Dモデリング→Google SketchUpによる3Dモデリングで行った。



この際に、ファイル形式のやり取りに手間取ったため、次回以降に記載します。




記事のインデックスはこちら。


【関連サイト】
オープンCAE学会
「CAE(Computer Aided Engineering: 計算機援用工学)における知識を共有し,普及させ,コミュニティを通じて育てられていくような環境」の普及を目指している団体で、基本的に「プログラムがオープンソースで提供されていることや,フリーソフトウェア」であることをポリシーにしている(HPより趣意)
DEXCS Official Wiki


【本ブログ運営者の記事】
DEXCS Salome mecaをインストールする
Impactを起動する
 →有限要素法の衝突解析

Labels:


0 Comments:

Post a Comment

<< Home